chin's blog

ハセツネ2012


【PENTAX K-7 + PENTAX DA15mmF4ED AL Limited】

5年連続出場だったけど、残念ながら今年はクリック合戦に失敗しエントリーできず・・・

の「日本山岳耐久レース」


chin sports 応援業務に行ってまいりました!(・・)」


みんなの走りを見てると出たくなるねぇー!



夜の運動写真に、初めての外付けストロボ使い方全然わからなかったけど、ただくっつけただけでも、いいかんじぃ~OK!(b^^d)

写真はこちらにアップ!合言葉はどれも「chin」半角で。
オリジナルサイズだけど期間30日限定なので、ご利用はお早めに!




かれこれ400枚!
もし、友達が写ってたら是非教えてあげてください。


【普段撮る側のプロカメラマン撮るもの楽しー!】


みんな、いい顔してたよ!ぐっじょぶ!

【俺は滝汗で「ぐっりょり!」 byリキ】





■今日のトレーニング晴れ
なし。


スポンサーサイト
  1. 2012/10/08(月) 22:23:48|
  2. 日本山岳耐久
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

chinは二度死ぬ


【photo by 全てハリマネスポーツ。ありがとうございます】

去年は大撃沈で歩く事も出来なくなり(歩いたけど^^;)西原峠で無念のリタイヤ。今回はリベンジ、目標は完走!
と言いつつ例年通り練習嫌いで平日のランニングは殆どなし、月に2回程度の山遊びだけ。
しかも密かに、調子良かったら自己ベ?なんて淡い期待を抱きつつ臨んだ第19回日本山岳耐久レース通称「ハセツネ」(自身5回目)参戦記。



【コース図】

2011年10月22日(土)武蔵五日市の天気予報は雨。

大雨の中電車を降りて会場に向かう、しかしiphoneで最新の予報をチェックすると「スタート頃には止み再び夜中に強く降る」に代わって来て一安心。走り出せば汗も雨も一緒、一応カッパ持って行けばなんとかなるだろう。
夜中の強く降るってのもたいして降らないモンだよな、と長年の現場監督的予感。

受付を済ませ山トピブース?(体育館のグリーンシート)へ。
久々に会う皆さんと楽しい会話。毎年こんな楽しい場を用意してくれるyafusigeさんtamaさんに感謝。ありがとうございます。m(__)m

inox契約選手のハリ天さんからチョットお借りして新型inoxをしょってみた。
フィット感抜群!腹のベルトもなし、パックとうよりタイトなベストを着る感じ。ゴイスぅー!
 

準備を済ませスタート地点に集まると、名だたるトレイルランナーがわんさか。
年に一度の挨拶回り状態、なんかみんな調子良さそうだなぁ。
ゲッツ写真を撮りたいとこだけど間抜けな事に現場にカメラを忘れてきた。トホホ
なので今回はレース中の写真はなし、残念!


【好調】
13:00 2,157名が一斉にスタート!ダッシュ

ハリマネ応援団御一行様で大盛り上がりの入山峠

「今年は必ず五日市へ生きて帰ってくるであります」(・・)」

まだスタートから1時間、まだまだ元気バリバリ!
そういえばHALさんが入山峠まで1時間と教えてもらったけど、1時間2分!
「ん~今日のボク、イケちゃうかもぉ?」 (^^)(^^ )(^ )( )( )( ^)( ^^)(^^)v

【死亡1回目】
ところが、スタートして2時間でオールアウトまいった顔
そんな飛ばしたつもりはないけど、予想外の暑さの影響か?ショボ練野郎だから当たり前か?足パンパン!歩くだけで精一杯。徒歩ホバッド(下向き矢印)

もうどうでもいいやと、ゆっくりお○っこして名刀を鞘に納めた次の瞬間「チロチロ」

(◎ε◎;)

この年で尿漏れかよぉバッド(下向き矢印) こっちまで筋力低下か?バッド(下向き矢印)
もうすでにシルダクだからもうどうでもいいけど・・・トホホ

身も心も折れて「もうダメ今年もリタイヤでいいや」と、第一関門リタイヤを決意したものの華やかな応援にタイミングを逃す。飛び散る汗

【復活1回目】
だらだら歩いてると三頭山の手前から徐々に復活グッド(上向き矢印)

レース中復活した事がないので、これにはビックリ!
そうなるとハートはポジティブ!リタイヤの「リ」の字もなくなった。
今まで、俺を抜いていったみなさんさようならぁ~!
「残念だが君たちはもう二度とボクの姿を見る事はないでしょう」と心の中で呟きながら快調に進む。

【死亡2回目】
第二関門を過ぎると睡魔に襲われまたも体が動かなくなり、二度目の死亡まいった顔

「残念ですが、もう皆さんにお会いする事はできないようです。さようなら・・・」とブチ抜かれっぱなし、と言うか遅すぎて邪魔なので後続が来ると「どうぞ」と道を譲る。徒歩ホバッド(下向き矢印)

【復活2回目】
何故か大岳山の下り辺りからまた復活。グッド(上向き矢印)
ところが日の出からの下りでコースミス、誰もいない登山道を10分程快調に飛しオプション登り返し。トホホ

コース復帰し後は金毘羅飛ばせば終わりだ!
って金毘羅尾根長くね?パーっと街の灯りが見えると嬉しいけどあそこまで降りなきゃいけないって思うと気が遠くなる汗

「あと5km」の看板。山の5kmは長ぇ~です、小一時間か・・・

何度行っても最後のコンクリは堪える、膝ギシギシ。

スパートも出来ず力なくゴール!

【写真撮ってもらう時だけイッチョマエ】

第一関門  3:53(3:53)
第二関門  7:41(3:48)
第三関門 11:25(3:43)
ゴール  13:21(1:56)総合373位

今回は時期がチョット遅かったし雨予報だった。にも関わらず序盤気温が高くみんな思い通りのレースが出来ず軒並みタイムを落としたようだ。
自分も練習量から言ってこの位が分相応なのかも。

自己ベは夢のまた夢、でも何とか完走出来て一応目標達成(^^)v


今回で5回目のハセツネ、徐々に仲間&知り合いが増えて後で数えてみたら60人以上。
レース中も多くの仲間と抜いたり抜かれたり、大人の鬼ごっこタップリ楽しませてもらいました。
でも、これだけ長い距離だと人と云々より自分との闘い感が強いので鬼ごっこって感じじゃなくお互いに励ましあうって感じがいい。
それと「blog見てるよ」と何人かに声をかけてもらえて嬉しかったっす(・・)」


日本山岳耐久レース、2年振りに完走してみて改めて感じるのは、このコース長い!
完走した人は勿論、チャレンジした人も凄い!普通じゃない!
そしてサポートしてくれた皆さんありがとうございました。
このレースに関わった全ての人に敬意を払って、chi~n!レポを終わります。

m(_ _)m


■2011/10/22(土)の日本山岳耐久レース雨くもり雨くもり
[TrailRun ハセツネ 72km 13:21]※休憩含む
累積標高 4,150m 4,150m(suunto t6d data)
CT27:40→13:21=0.48

  1. 2011/10/26(水) 23:21:59|
  2. 日本山岳耐久
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

2010日本山岳耐久レース


【後の看板がいいね、招待選手みたい。(全員は集まりきれなかったのが残念)】photo by ハリマネさん

今年もやってきましたトレイルランナー秋の大運動会「日本山岳耐久レース・長谷川恒雄カップ」(通称ハセツネ)。



【コース図】

72kmのディスタンス、累積標高4,300mオーバー、制限時間24時間、トップ選手も夜間走行必至の13:00スタート。
トップ選手は事実上トレイルランナー日本一決定戦。一般レベルでも、自己ベストへの挑戦、時間内完走、向こう一年間の王様ゲーム?、非日常を思いっきり楽しんじゃう?それぞれの目標に向け、それぞれのドラマが展開される最高のレース。

去年は(も)ろくなトレーニングしなかったのに全てが上手く噛み合っちゃって自己ベスト更新、11時間30分。
だったら今年も行けちゃうかもぉ~(^^)v
と、今回も上手く噛み合っちゃったら自己ベスト更新?なんて皮算用しつつ前日から長引いた雨の中、電車で会場へ

twitterで自称晴男「この雨は、この俺様が止ませてみせるぜぇ~!」とハッタリかましたけど、天気予報は15:00頃までは雨、その後夜半にも雨の予報。しっぽり雨男kojikenさんに完敗か・・・(汗)

が、しかぁ~し!五日市に着くと雨も止んで時より晴れ間も覗き出し、受付終わる頃にはドピーカン!
やったね(^^)o

【これからは奇跡を呼ぶ男と呼んで下さい!(嘘)】

今年の漆黒トレラン試走ではことごとく雨に降られた雨男kojikenさん、トレランじゃ雲の存在だけど、晴れ雨対決今回は逆転サヨナラ勝利!v(^^)v

会場では久々に会う仲間達と楽しい語らい、片っ端からゲッツ写真。(撮れなかった人来年宜しく御願いしまぁ~す)



スタート位置に着くと、もうカウントダウンが始まっている。・・・3・2・1・GO!

おぉ~始まった、始まった!今年はどんなドラマが待ってるのかぁ~?

頑張るよぉ~!しかし何ヶ月振りだろロード走るの?

気が付けばスタート直後から、新ユニット「チーム土建屋」のケノchinコンビ。
今日も元気に土建屋パワーで行こうぜぇ~!御安全に(・・)」

ハセツネ30バトル?した、たーこさんも気合いが入ってるぅ。ロードの登りで早速抜かされた。


【アリンコのような人の列】

朝方、雨であんなに寒かったのに嘘のように暑い。太陽ジリジリ湿度ムシムシ晴男自業自爆状態・・・

今熊神社入り口ですでに500mlボトルが空。
久々にパンツビチョビチョ。最近高級リゾート地(アルプス)で涼すぅ~思いばかりしてたのでコレにはビックリ。

スタートから手元の時計で37分28秒!今やこのblogのハセツネレポに欠かせない名脇役?リキさん発見!コース脇でウロウロしてる。

凄い、凄すぎる、コースレコード樹立だ!?制限時間24時間のレースで40分も経たたないうちにぶっ潰れるなんて、流石期待を裏切らない男リキちゃん、ロケット花火の如くピュ~・ドカン!的に散る男の生き様を見た。・・・気がした、気のせいかも?

リキちゃんの生き様に感化されたのか?自分もどうも足取りが重い。
いや、今回補給に一工夫加えたんでそれがチョット重すぎたんだ!きっとそうだ、そうに違いない!と自分に言い聞かす。

入山峠手前からばぶぅさんの後をピッタリマーク。

ここの渋滞はいつも通り、いい骨休め。


【すでにシルダク。ヤフシゲさんロックオン!状態】

この後ヤフシゲさんヒガチンに先行されるが先は長い、マイペース、マイペース。
 

序盤、気持ちが落ち込んだ所でタケ3号さんのサプライズ応援。ありがと~!元気出ましたよぉ~

【逆ゲッツ写真強烈な逆光】

その後も、トレラン育児休暇中のペターさんファミリーで応援、ビックリして危なくコースアウトするとこだった。(汗)

第一関門まで、あわよくば3:30切りたいなぁ~なんて思ってたけど時間になっても全然着かない。
やっと応援の声が聞こえだして第一関門。

第一の花ハリマネさんやそげんさん、突貫野郎さんにえくんちょさんの応援。第一の応援は今年も花盛り、元気もらいましたぁ~
 
時計を確認すると4:00。遅っ汗
ここで、自己ベストなんて甘い考えは却下、思いっきり楽しんじゃおうモードに切替。
前半抑えたし後半ガーンと行って終わりよければすべてよし!ってな具合に行くぞぉグッド(上向き矢印)

・・・だけどなんだか様子がおかしい。
全然ペースが上がらない。ここからの笹尾根は走れる所が沢山あるのにそんな所も歩くので精一杯飛び散る汗

夕方5時を過ぎ辺りも暗くなり、ライトオン。
でもライトなくてもいい位にペース上がらない。って言うより完全歩き。やっと気が付いた、やっぱ調子悪いんだ飛び散る汗

それでも必至の早歩き、するとコース脇に怪しい人影。ケノケノさん。
どうも同じ状態のようで走れない様子。暫く一緒に進む。

遠くでポツポツ音がする・・・気のせいかな?
いや気のせいじゃない。歩きでは体温も上がらない所に雨が降り出した。しかも僅かの時間で本降り。kojikenちゃん最後の一絞りかぁ?

慌ててアームウォーマーを着けペラペラのウィンドブレーカーを羽織る。
(直前の天気予報で雨マーク消えてたんでレインウェアーは置いてきた)

ペラペラのウィンドブレーカーでもあると無いとじゃ大違い。暖かい(少し)

歩いていてもケノさんとペースが違いすぎて着いていけなくなる。
この頃になると膝&足首が痛くなり、かばっていたら股関節まで痛くなってきた。
おまけに、この雨でコースはヌルヌルのヌチャヌチャ。脚の痛さも手伝って平地でもよろめいて転ぶ始末。
ゆるい下りでは、いきなり足元救われてノーガードで木に顔面強打!雨なのに☆がキラキラぁピカピカ
ツルツルのトラバースでは、ダー!滑って、バァーン!尻餅着いた途端に脹ら脛ビーン!攣ったぁー!攣ったぁー!攣ってるぅ~(◎ε◎;)
自慢?の脹ら脛、ボディービルダー状態、パンパンにパンプしてビクンビクン言ってる。
あ”ぁ~!・・・気持ちよかった(^^;)

【自分でも泣いてるんだか?笑ってるんだか?】

こうなると気になるのは後続者、ライトが見えると迷惑ならないようにコース脇に寄って道を譲る事数十回。

そんなヨチヨチ歩きのおっさんをケノケノさんは何度も待っていてくれた。ありがとう!

雨も止んできた西原峠、19時43分スタートから6:43、例年は月夜見第二関門直前まで進んでる時間。
笛吹峠まではなんとかCT×0.5程度で進んできたがそこからここまで、CT1:10のところ1:20。
もうボロボロ。ここでもケノケノさん待っていてくれて。
「第二まで行こう!」と励ましてくれたけど、もうこの状態じゃ三頭に登って降りるなんて絶対無理。
リタイヤを決意。ケノさんすんまそぉ~ん。

【んじゃ、ボク行くね!】

リタイヤすると危険防止の為数人まとまって一般道まで下山する。
7~8名が集まり下山を開始。
脚全部、特に股関節が痛くてヨチヨチ、すると物の数分でみんなのライトが見えなくなる。俺遅っ!って言うかみんな早っ!
「お前らぁ~!それだけスイスイ下れるんだったらリタイヤしなくていいだろぉ~!」と心の中で呟く。

暫く進むと、みんなが待っていてくれてサポートされつつ1時間以上かけてやっと下山。
みなさん、お付き合いいただきありがとうございました。m(__)m

丁度送迎の車が来ていて「あと1人か2人乗れるけど」って運転手さんが言ったら、一緒に下山した全員が俺を指差した。
お言葉、いやお指に甘えさせていただきました。バスダッシュ

こうして、第18回自身4回目の日本山岳耐久レースが幕を閉じた。

前日に綺麗な花を咲かせましょうなんて言ったけどボロボロのドロドロ。前半抑えて後半上げるなんて言ったけど、抑えっぱなしのフェードアウト。トホホバッド(下向き矢印)

実は、レースでリタイヤするのはコレが初めて。これも良い経験だ!

いやしかし今回は絶不調。何がいけなかったのか?
練習不足?疲労が抜けきらなかった?脱水?(全部だね)
ダメージも強烈で完走と同等以上のヘベレケ具合。

 

家に帰るとチビ達に「山行き過ぎ!遊び過ぎなんじゃな~い!」なんて言われて、ぐうの音もでず、焼酎片手に心の中で「確かにぃ~!」と呟くchinでした。

 

そうそう、ヘロヘロでみんなに道を譲ってる最中「あ、chinさん。blog見てますよぉ~、写真綺麗ですねぇ~」と言っててくれた人がいて嬉しかったなぁ~

写真アップしました。


■2010/10/10(日)日本山岳耐久レース(自身4回目)【西原峠リタイヤ】
[TrailRun 五日市~仲の平 35km 7:50]※休憩含む
累積標高 左斜め上2,350m 右斜め下2,020m
CT15:10→7:50=0.52


【リンク集】
ハリ天狗さん前編後編 ハリマネさん ゴンゾーさん makotoさん マカニ・トモさん ミヤさん
kojikenさんその1 ヤギさん 小虫さん たーこさん1 女将さん ひょっとこさん hiroさん
ラルム♪さん アズさん
【リンク集(jognote)】
のまダッシュさん アズさん ヤフシゲさん momongaさん ヒガチン Diet Go Go!!さん ざんくろうさん
Satoshiさん ラルム♪さん よっちマンさん リキさん金太郎さん

  1. 2010/10/13(水) 22:23:01|
  2. 日本山岳耐久
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

2010ハセツネ30


【ツツジ PENTAX K-7 + PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR】

あまりレースフリークじゃないけどハセツネ本戦(お祭り?)は別格、昨年の早い者勝ちエントリークリック合戦はもうこりごり、10ポイントゲットすると本戦出場の権利を得られる。
ハセツネ30(6ポイント)翌週の清掃登山(2ポイント)都岳連の山岳保険加入(2ポイント)
=本戦出場(10ポイント)だったらやるでしょぉ~


今年最初のトレイルランニングレースレポ始まり始まりぃ~

駅前の駐車場混むんじゃね?と早出して6時前に到着。
結局7時過ぎてもガラガラだった(^^;、もっとゆっくりで良かったのね

【早朝は天気良かったのに・・・】

会場へ行くと、トレラン界きってのおしどり夫婦ハリ天狗夫妻&たーこさん、ちょっとかわいい田村正和?ゴンゾーさん、最近では奥さんも女職人になりつつある山岳職人マコト夫妻、走り過ぎる漫画家イタキチさん、トピ主ヤフシゲさん、同業大先輩せいごさん、USさんも集まってきて久しぶりの楽しいトークタ~イム。
 


【きょうの一枚ギャグ】

ラルム♪さん 「今日はポチとお散歩ざぁ~ます、うほほほほぉ」


ポチさん 「・・・飛び散る汗
 

このドラマは、フィクションです~。(^^;


準備を済ませスタート地点に行くと、空はどんより雲に隠れて寒”~

スタート位置は招待選手の直ぐ後、いわゆるポールポジション?
ハリ天さん、マコトさん、ゴンゾーさんの強豪50代や爽やかスマイルkojikenさんもいる。
でも後からみんなに突き飛ばされるのは必至なのでスタート5分前には路肩に待避。汗

【30と17合わせて2,000人同時スタート】

9:00スタート!
暫くは舗装路、下りは重力に任せて行けばいいけど、上りになるとヨチヨチペースで一気に後退。でも頭皮さえ後退しなければこんな事どぉって事ない(^^)v
今日の目標は完走してポイントを取る事と年に数回しか出ない貴重なレースを楽しむ事、マイペースマイペース。グッド(上向き矢印)

しっかりトレーニング積んだ人達は、上りが強い。たーこさん、クリプトナイトさん、せいごさん、etc・・・抜かれまくりぃバッド(下向き矢印)
 

スタートから30分程のシングルトレイルの部分で渋滞発生、5分ほど動かない。
でもみんなも慣れたモンで、いい骨休めだと余裕。

スタートから1時間チョットで第一関門の入山峠でハリマネさん御一行の応援を受ける。かなりカラ元気出したつもりだったけど、後で聞いたら「chinさん相当来てたわ」と思われてたらしい。確かにぃ~(^^;

【ガチャピンがげんぼさんだったとは気が付かなかった。】

ここから舗装路の下り、先は長いしココで脚使うと後が持たないしゆっくり・・・
と思ったけど、あまりゆっくりだと逆に脚に来る、よっしゃ軽~く行ったれ!飛ばしていく。
 
トンネルを抜けるとお下げ髪にピンクのパンツ、たーこさんだ。
この時ピピッひらめきと来る物があった。

「あかぁ~ん!」

じゃなくて、「よかぁ~ん!」

「今日、たーこさんと勝負の日なのかも?」ってそんな予感。
この後の上りで直ぐ抜かれるだろうけど、レース気分味わっちゃう。俺に抜かせろぉ~

「たーこさんゲェ~ッツ!」

気楽な下りロードが終わり、今度は一番苦手なガッツリ上りのロード
背後に気配を感じる。
 

「たぁ~こ・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」 抜かれたぁ~ あっさり

タップリと上りロードを歩き倒して、やっと本格トレイルに入りる。
ここで約半分、ハセツネ本番の半分と言ってもハーフにはハーフなりのきつさがある。汗
徐々に脹ら脛が痙攣を始める、「なんだよぉ~!脹ら脛の中になんかいるよぉ~!」状態でグニョグニョいってる。怪しい動きをすると今にも攣りそう、そこを騙し騙し進む「秘技猛獣使いのドキドキ気分を味わうの術」
これもレースじゃなきゃ出来ない事満喫しなきゃ損。慣れてくると結構楽すぅぃ~(変態か?)

あらぁ~またまた、たーこさんめ~け!
 
ピピッ!と感じた直感的中!下りで「抜くぅ~!」上りで「抜れたぁ~!」なんど繰り返した事か?
そんなに抜いたり抜かれたりじゃぁ体が持ちましぇ~ん。まいった顔(変な意味でなくぅ)
「あか~ん!」と一人フェードアウト。ラストの変電所脇の平らな舗装路も歩いてるし・・・バッド(下向き矢印)

ラスト2kmのガラガラぐちゃぐちゃの下り、ココで止めを刺してやる(誰に?)と気合いを入れたら思いっきり転倒。

ヨレヨレになって、スタートから4時間12分レースを堪能し無事完走。ほっ


【たーこさん余裕の笑顔、強い。 「鬼ごっこ楽しかったっすぅ」】

chinには縁もゆかりもない表彰式、だけど50代は1位~4位まで仲間内で上位独占!
しかもハリ天狗さんは、年代優勝2連覇!いっかすぅ~

【2位マコトさん、3位アカさん、4位ゴンゾーさん。 photo by ハリマネスポーツ】


レースを終えて・・・

過去4ヶ月のトレーニングを振り返ると
2009年12月 20km(30~40分JOG×4回)
2010年 1月 51km(30~40分JOG×7回+1時間JOG×1回)
2010年 2月 115km(30~40分JOG×10回+1.5~2時間JOG×3回)
2010年 3月 51km(30~40分JOG×2回+試走1回+1時間JOG×1回)
てめぇ~レースを舐めてんかぁ~!?と言われそうな練習量。
自分でも今改めて振り返るとよくコレでレースでたな?と思う。
でも今回の目標、完走して本戦参加のポイントをゲッツ!、折角レースに出るんだから思いっきり楽しむ、久々に会えるみんなに元気を貰う。全て達成!大満足なレースだった。
しかしその代償は大きく、下半身「カッチ・カチやどぉ~!」(変な意味でなくぅ)


今回参加のみなさん、お疲れ様でした。(って好きで疲れに行ってるんだけど)

また、来週の清掃登山で会いましょう。バァ~イパー

写真アップしました。↓


■2010第二回ハセツネ30(初参加)
[34km 4:11:40 248位/1,095人中]
累積標高↑1,709m ↓1,709m 気温14°~4°



【リンク集】
ハリ天狗さんmakotoさんゴンゾーさんkojikenさんハリマネさんげんぼさん
ラルム♪さん

  1. 2010/04/05(月) 22:56:21|
  2. ハセツネ30
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

2009日本山岳耐久レース

 

まるで予選会のような、大会エントリー争奪戦を勝ち抜き?3回目の大会参加。

実は、今回をもってハセツネ引退かなと。
元々レース派じゃないし、来年以降あのエントリー争奪戦を突破するの面倒だし・・・飛び散る汗

そんな訳で最後のハセツネ、どうせろくなトレーニングやってないし下手に欲出して突っ込むと去年みたいに痛い目あうし、タイムを気にせず最後のハセツネ、タップリ味わってタップリ楽しんじゃおう!作戦。グー



【コース図】

朝9時会場到着。天気は最高だ。

休憩所となる体育館には、タマ親分&げんぼさんによりレッドカーペットならぬグリーンシートが用意されていて助かります、いつもありがとうございます。
久々に会うみんなと言葉を交わす楽しい時間。複数ハート
 
【photo by ハリマネさん】

スタート前、INAGE勢。ハセツネ以外一切山を走らないエース、ついにサブ9達成!超人だ。

【ヒゲがやけに色男に見える。こいつ、どうらん塗ってるな?】

爽やかスマイルkojikenさん、白雪姫に出てくる小人のように可愛いリキちゃん。

スタート!13:00(0:00)
2,000人が一気にスタートゲートをくぐり、長い長い非現実の世界の始まり始まりぃ~

ロードはみんなガンガン飛ばす。chinも負けずに歯食いしばって「キィー!」
後には涼しい顔の突貫野郎さん。

”走る格闘家ボデーケノケノさん”名札付きで序盤からハイペース。速っ!

入山峠手前からハリ天狗さんと一緒。

今日の調子はあまり良くないようでゆっくりペース。自分も慌てる訳じゃないので一緒に行く。
レースと言うよりいつものトレランモード、世間話に花を咲かせる事40~50分。
(思い返すとこの序盤ペースが自己ベストに繋がった。ハリ天狗さんありがとうございました!お礼に下手くそな動画をどうぞ飛び散る汗

第一関門のかなり手前でリキさん発見。早々ベンチに座って休憩しちゃってるし。今回は前日ドカ練やらずに来たからバッチグゥ~かとおもったら
「やっぱ、そうなっちゃいますぅ?」

第一関門。16:36(3:36=360位)
序盤の楽しみハリマネさんの応援を受け元気を貰う。
 
【photo by ハリマネさん】

ん?誰か寝てる。よく見たら”走る格闘家ボデーケノケノさん”、突っ込んじゃった訳ねぇ~
「やっぱ、そうなっちゃいますぅ?」

ゲッツ!写真撮ったら目を覚ました「寝てちゃダメよぉ~^^」

その後、イタキチん、小虫さん、とレディーとの会話を楽しみつつ最大ピーク三頭山を目指す。何か楽すぅぃ~複数ハート
調子に乗りそうな自分がいる。「あかん!あかんでぇ~!ろくな練習してないのにそう甘くはないでぇ~」そう言い聞かせ、上りは勿論全て歩き他も省エネ走りを心がける。

17:00を回ると木々に覆われた山道は暗くなる。
シャキーン!今回の武器ヘッドウォーズ登場。明るっひらめき
コレにハンドライトの閃を合わせるとほぼ昼間と変わらずに走れる。

三頭山の上りもアルプスでの4時間連続登りっぱなしなどを思えば、コツコツ上れば直ぐ終わるんでしょ?的な考えで思ったより早く通過。

前回の空木岳からの下りを良いイメージで終われた事とヘッドウォーズのお陰でハセツネで初めて下りがいい感じで行ける。
楽しまなきゃ損、大好きな下りはビュンビュン行くよぉ~ダッシュ

第二関門の手前で一部ロードに出る。うそっ?何か凄い体が軽いんですけどぉ~?こんな感じ初めて。(ただ単に、下りだったのかも?)
快調にロードランをこなし途中前後していたコッシーに追い付き月夜見へ。

第二関門。19:59(6:59/3:22=224位)136人抜き
珍しくハイドレーションの中身が500mlも余った。中身を捨て水のみ1.5L補給。(後半は水が爽やかでGood!)
ゴミを捨てようと周りを見回したけどゴミ箱がない。そっかゴミは自分で持って行くんだっけ?たった一年で記憶が綺麗に消えている自分が情けない。手に持ったゴミをパックにしまってトイレ入って10分近くウロウロしてたら急激に体が冷えてきた。そりゃそうだ外気温は5°以下。寒っ走れ走れぇ~

少し行くと、誰かダウンしてる。よく見ると先行していたげんぼさん。
仕事忙しくてトレーニング出来なかったもんね・・・
「やっぱ、そうなっちゃいますぅ?」

去年調子こいて叩きのめされた御前山をコツコツ淡々とこなす。両側にロープが見えてくると山頂は近い。

21:03 御前山山頂

21:35 大ダワ
去年完全に終わった鬼門、大ダワを無事通過。(^^)v

三頭山、御前山、大岳山、ハセツネ三大ピーク(勝手に言ってるだけだけど)あとは大岳山。
ガラガラ岩だらけの急登を上っていると「ドスン!」と鈍い音、先行者が滑落、大事はないようなので一安心。「おぉ~怖っ」安全第一で行きましょう。

【公式マップよりSUUNTOデータの方がイメージ分かりやすいでしょ】

22:20 大岳山
スタッフに「そのライト明るいですね、何ルーメンですか?」と聞かれ「150ルーメンですぅ」明るいでしょウフひらめき

さて、ここからはほぼ下り。頑張れ、頑張れ!普段頑張らない人間、こんな時だから頑張ってみるのも楽しみの一つだ、行け行けぇー!

第三関門。22:54(9:54/2:54=179位)45人抜き
ハセツネ応援の華「第一のハリマネ」「第三の女将」と言われている。(いや、勝手に言ってるだけ?^^;)
しっかりと女将さんの応援を受け、ラストスパートの活力にする。

で、今日の俺ってどの位でゴール出来るんだろ?
タイムは全然気にしてなかったので後半のタイムが全然頭に入ってない。
第三からゴールまで2時間弱位だったっけ?だとすると12時間切れるかも?

そうは言いつつ、ゆる~い上りでも「これは上り。歩きます。」と歩きを取り混ぜマイペース。

23:17 日の出山
夜景がすんばらすぅぃ~!
いつもなら多少時間をかけても写真撮っていくのに、今日は封印。
だって最後のハセツネ、ベストタイム出ちゃいそうなんだもぉ~ん!(^^)o

しかし、ヘッドウォーズの明るさで調子に乗って下りを飛ばしたツケがやって来た。
「ノーノーノー!大丈夫、大丈夫!気にしない気にしない」と途中からズーッと痛かった膝、騙し騙し来たけどもう限界。飛び散る汗
日の出からの石段や急な下りは横歩き状態。なんかよくわからないけど時計も止まってるし、おまけに頼りのヘッドウォーズ君電池切れで暗くなってきたし。なんとかハンドの閃を頼りに走る。

登山道終点に待ちかまえるコンクリートの急坂で膝が完全に終わった。
杖付いたじ~さん状態、へっぴり腰のヨチヨチ歩きで精一杯「拷問か?」むかっ(怒り)

最後のロードは何とかトレイルランナーとしてのファイティングポーズをとってゴールに飛び込んだ。ダッシュ

0:31(11:31/1:37)8人抜き ゴール!
うほぉ~!11時間40~50分だと思っていたのに上出来、いや出来過ぎ君。グッド(上向き矢印)

ハリマネさん、ヘロリンさんが迎えてくれた。
「凄い!凄い!」「早い!早い!」の言葉が嬉しい、ありがとう。複数ハート
後半併走していた強豪エイジGOさんが「競ってくれてありがとう」と握手をしてくれた。嬉すぅぃ~、やっぱスポーツマンっていいなぁ。ピカピカ

珍しく目標にしていた「ハセツネを楽しむ」を達成出来て、おまけに自己ベスト。
ろくな練習しなかったけど、直前の強行山行2連発と無欲で望んだ偶然のペース配分そして補給、ライト等全てが上手く噛み合って、たまたま出ちゃった?的な結果だけど、最高に満足。ピカピカ

 
【途中鬼ごっこを楽しんだ小虫ちゃん。のんびり行ったけど自己ベストのヒゲ。(photo by ハリマネさん)】

大会運営&スタッフの皆さん、応援してくれた皆さん、一緒に参加した皆さん、ありがとう。

「ハセツネ」
短過ぎず長過ぎず絶妙な距離、そして非日常の夜間走行、走力ある人だけが好タイムでゴール出来る訳じゃない不思議な魅力のある大会。
大会に向けて根詰めてトレーニングするのがイヤなだけなんで、こんなショボイトレーニングで結果出ちゃうなら来年も?
年に一度位一生懸命頑張る日があってもいいかもね?
「やっぱ、そうなっちゃいますぅ?」

■2009/10/11-12 日本山岳耐久レース(3回目)晴れ
171位/出走2100?名/完走1727名/完走率?%
[71.5km 11:31:26]


【リンク集】
ハリ天狗さん前編後編 ハリマネさん前編後編 ゴンゾーさん前編後編
makotoさん マカニ・トモさん かどきちさん ポカラさん げんぼさん前編後編 リキさん
のまダッシュさん1 ヤギさん1 もも太郎さん kojikenさん1 ゆぅさん
小虫さん たーこさん 女将さん
  1. 2009/10/14(水) 20:00:00|
  2. 日本山岳耐久
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

検索フォーム

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
profile (1)
ブログ (22)
昔の趣味 (6)
クライミング (59)
ボルダリング(外岩) (6)
ボルダリング(ジム) (18)
ボルダリングコンペ (1)
リードクライミング(外岩) (1)
リードクライミング(ジム) (7)
クライミンググッツ (16)
クライミング関連 (10)
裁縫 (109)
レザークラフト (12)
チョークバック (23)
クライミングシューズ直し (6)
オートバイ (162)
オートバイ関連 (7)
大型二輪免許 (5)
SRX-400 (18)
ゼファー750 (52)
Z1 (49)
大黒Z (13)
ツーリング (8)
テイストオブツクバ (6)
オートバイグッツ (3)
交通違反 (1)
トレイルランニングレポート (119)
北アルプス (25)
南アルプス (18)
中央アルプス (4)
八ヶ岳 (4)
谷川山系 (2)
秩父山系 (5)
奥多摩山系 (27)
奥武蔵山系 (2)
箱根 (2)
千葉 (13)
家族旅行朝飯前 (4)
その他 (13)
トレイルレース参戦記 (18)
宮古島トライアスロン (2)
日本山岳耐久 (7)
ランニング (2)
ハセツネ30 (1)
その他トレラン (2)
青梅高水山 (3)
オリエンテーリング (1)
イベント参戦記 (13)
青梅to鴨沢(旧裏TTR) (5)
多摩川源流ぐるり (5)
白峰三山DT (2)
TRY360km千葉-直江津 (1)
トレイルランニング (250)
コースガイド (1)
スノーシュー (1)
トレラングッズ (88)
トレラン新商品 (5)
トレラン補給食 (3)
調べてみた! (5)
トレラン関連 (127)
遊び仲間公開募集 (20)
登山 (5)
北アルプスレポ (2)
南アルプスレポ (2)
奥多摩山系レポ (1)
トライアスロン (19)
トライアスロン関連 (14)
トライアスロングッズ (5)
トレーニング (267)
トレーニング関連 (193)
出来高報告 (74)
備忘録 (9)
日本山岳耐久 (5)
青梅to鴨沢 (1)
アルプス (2)
TRY360 (1)
カメラ写真 (180)
カメラ機材インプレ (4)
デジカメ新製品 (16)
写真・デジカメ (120)
銀塩カメラ (7)
街角スナップ (2)
おもしろ写真 (14)
photo UP! (14)
キャンプ (7)
ファミリーキャンプ (5)
キャンプグッツ (2)
DIY (23)
DIY-庭のリフォーム (14)
DIY-その他 (8)
ガーデニング (9)
花 (63)
休日 (78)
家族との時間 (91)
家族の話 (44)
ペット (25)
現場監督 (124)
お気に入り (40)
気になるグッツ (12)
iphone&スマホ (14)
本 (6)
スポーツ (9)
グルメ (2)
日記 (415)

月別アーカイブ

プロフィール

chin

Author:chin
泳いでこいで走る3種目から山を走るようになり、今は撮って、縫って、登ってます。

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

chin's PHOTO 2014

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR